CATEGORY

不動産投資の実際

  • 2021年11月7日
  • 2021年11月7日

【銀行融資】不動産投資の運転資金について解説。市区町村の制度融資を活用するには?

運転資金の調達先について 不動産賃貸業においても様々な支払いが発生するため、手元資金をためるのは難しいですよね。 早めに事業規模を拡大して、安定した稼働を目指すのは事業者として当たり前の心理だと思います。 そんな中で手元流動性資金を運転資金として確保しておき、広告費用や滞納等に備えることは大切です。 […]

  • 2021年5月19日
  • 2021年11月3日

【初心者向け】不動産投資の勉強法&業者選定について解説します。

不動産投資を始めるまでの勉強量 不動産投資を始めるのにはどのくらいの準備期間が必要でしょうか? 正直なところ、一切勉強しなくても不動産は始められますし、勉強をして数週間で不動産を購入された方なども話に聞きます。 しかしながら、当ブログを見ている読者さんには「そうならないで欲しいです!」。 その理由と […]

  • 2021年5月11日
  • 2021年11月6日

【銀行融資】不動産投資での銀行ヒアリング法を紹介。電話で質問すべき点も大公開!

不動産投資における銀行ヒアリング 不動産投資を開始する為のファーストステップは、ご自身の属性や家族構成など現在の状況で収益不動産に対する融資を受けることができるのかを把握することです。 一般的なアパートローンというパッケージ商品があるのであれば、商品概要説明書に融資条件が記載されていると思いますので […]

  • 2021年5月10日
  • 2021年11月17日

【銀行融資】清水銀行の不動産投資ローンについて解説。その融資条件とは?

清水銀行とは? 清水銀行は静岡県静岡市清水区に本店を置く金融機関です。 現在は静岡県内に76店舗の支店を持ちます。 LOVE浜松は静岡県浜松市に資産管理法人を設立している為、法人口座を清水銀行で開設しています。 そんな清水銀行のアパートローンについて情報を提供させていただきます。 不動産投資ローンの […]

  • 2021年5月9日
  • 2021年11月6日

【不動産投資×年収】不動産投資を始めるために最低年収はいくら必要?にお答えます。

コロナ渦での収入減少や将来の経済的な不安から一度は不動産投資を考えたことがある人は多いのではないでしょうか。今回は不動産投資を始めるのに必要な最低年収について私見を述べたいと思います。また、LOVE浜松は普段は病院で診療放射線技師として勤務しています。放射線技師に興味を持ってこのHPに辿り着いた方も […]

  • 2021年5月8日
  • 2021年11月17日

【銀行融資】商工中金の不動産投資ローンについて解説。その融資条件とは?

商工中金とは? 商工組合中央金庫(商工中金)は、東京都中央区八重洲に本店がある株式会社です。HPでは、中小企業等協同組合その他主として中小規模の事業者を構成員とする団体及びその構成員に対する金融の円滑化を図るために必要な業務を営むことを目的とする。と難しいスローガンを掲げていますが、日本政策金融行と […]

  • 2020年5月26日
  • 2021年11月6日

【不動産投資全般】不動産投資は副業におすすめなのか?について実体験をもとに解説します。

副業について 副業という言葉が浸透してきたのはいつ頃からなのでしょうか。少し前までは、副業≒お金が必要な人、本業に集中できていない人などあまり良いイメージは無かったかと思います。 しかしながら、最近では副業を容認・推奨する会社も多く、サラリーマンがどんな副業を選ぶのかというネタはビジネス誌などでも頻 […]

  • 2020年5月14日
  • 2021年11月6日

【不動産投資】区分マンション投資の実際。それでも区分マンション投資を始めますか?

区分マンション投資とは? 区分マンション投資とは、1棟マンションの内の1部屋を購入して始める不動産投資法です。1部屋の購入となるため、金額が手頃であり、物件数が多く、流動性が高いことが特徴です。そんな区分マンション投資の実際について、今回は解説していきたいと思います。 区分マンションの価格と物件選定 […]

  • 2020年5月13日
  • 2021年11月6日

【不動産投資】不動産投資のイールドギャップについて解説。イールドギャップは何%最低必要なの?

イールドギャップとは? イールドギャップの定義は様々ありますが、一般的には投資物件の表面利回と借入金利の「差」を意味します。 具体的には、表面利回り:10%金利:3%このケースにおけるイールドギャップは、10-3=7%となります。 今回はこのイールドギャップが最低何%必要かについて考えていきたいと思 […]