【Youtube収入】これからYoutubeを始めたい人が知っておくべき現実を分かりやく解説。

  • 2021年7月18日
  • 2021年11月13日
  • 未分類
  • 13View

今回の記事はYoutubeをこれから始めたい人が知っておきべき最低限の知識とYoutuberの現実についてまとめました。

結論から言ってしまえば、何となくYoutubeを始めて成功することは非常に難しいのが現実のようです。

実際、私もYoutubeに興味があり参入を検討している段階です。

しかしながら、知識や経験のある不動産投資などでは無く、異なるジャンルでの挑戦を考えています。

これからYotubeに参入したい方は是非、本記事を参考に自身が成功Yotuberになれるよう挑戦してみてください。

Youtberの収益状況

私が調べた限りですが、チャンネル登録者数に応じた利益状況は以下の通りです。

1000人: 2000円〜5000円
5000人: 4万〜7万円
10000人: 10万〜20万円
50000人: 50万〜100万円
100000人: 100万〜300万円

これらから分かることはYoutuberとして最低限、生計を立てるにはチャンネル登録者数が10000人は必要となることです。

20000人くらいあれば専業Youtberとして生活することも夢ではありません。

特に参入が厳しいジャンル

エンタメ系・ビジネス系などは既に有名Youtuberが埋め尽くしています。

そんな中に素人が入って勝つことは相当な労力を要することが考えられます。

誰もが出来そうなジャンル、考え付くジャンルは激戦必須です。

素人は地味だけど有名youtuberが参入していないニッチなジャンルで勝負すべきです。

加えて、スライドショーなど固定画像を流す動画や子供向けの動画は収益化ができない仕組みに変わりつつあるようなので、これから始めようと考えている方は詳細な下調べが必要であり要注意です。

ジャンルの決め方

多くの人が参入していないジャンルかつ本人の興味のあるジャンルが望ましいです。

特に、日頃の仕事・生活・ペットなどリアリティのある生のジャンルが有効とされています。

これらのジャンルであれば後発組でもニッチな分野の上位Youtuberになれる可能性があります。

またリアルな配信は企画構成なども必要ないため、一配信が楽な傾向になります。

このように副業youtuberは日常生活や空き時間を最大限活用してカッコよくは無いけれど、伝わる動画を配信できるところに勝機があります。

また最近では教育というテーマをgoogleが大切にしています。

すなわち、やってみた系ではなく、為になった動画や必要になった動画が重要視されているのです。

その他、海外向けの視聴者を獲得するために英語での配信も検討すると良いでしょう。

私の場合は、日本独自のイベントや日常風景などを海外を含めたユーザーに配信する形を取ると思います。

チャンネル名の決め方

チャンネル名の決め方にはいくつかの代表的な方法があります。

先ずは短くコンパクトで覚えやすいものを筆頭に考えていきましょう。

一定の分野で成功していのであれば職業などをPRしていくもの有りです。

素人の方へのお勧めは、メインキーワード+TV, チャンネルなどSEO対策にもなるチャンネル名です。

顔出しの有無

Youtubeにおいて顔出しするかどうかは正直、自由です。

顔出しすることに抵抗が無ければ、顔出しで問題ないです。

しかしながら、顔出しを望まなないのであれば無理に出す必要はありません。

実際に顔出しなしでも成功しているYoutuberは沢山いらっしゃいます。

また、顔出しを必要としていないジャンルは沢山ありますので探してみてください。

どうしても出す必要があるのならば、仮面の着用などが良いと思います。

収益化の条件と投稿動画の長さ

Youtubeを通して広告収入を得るためには以下の条件が必須となります。

チャンネル登録者数:1000人以上
1年間の動画総再生時間:4000時間以上

その為、再生時間を稼ごうと長い動画を投稿しようと考えると思いますが単純ではありません。

長い動画ほど再生途中であきられてしまい、トータルでの再生時間は伸びないのです。

それよりは10分間など適切な長さの動画投稿が望ましいのです。

あと2分・3分なら最後まで見ようかな。このような感じです。

個人的にはミッドロール広告(再生途中の広告)の挿入が可能となる、1本あたり8分間~10分間の動画投稿が良いと考えています。

同じネットビジネスでもブログ収入を目指す方は ★コチラの記事★ を参考にしてみてください。

動画編集の有無

リアル系のYoutubeであるのならば動画編集はする必要がありません。

勿論、編集があることは良い事ですが編集労力に見合って成果がでることがありません。

理想を言えば最低限の動画編集を行い、そのリアルを伝えていくことがベストです。

オープニングやエンディングは固定のものを使用して、
本編動画はリアルかつ最低限の編集をするのが素人の正攻法です。

1動画撮影して終わりではなく、継続的に情報配信をしていかなくてはならないのですから、カッコよさや見た目などこだわりは全て捨てていかなくてはならないのです。

その上で、Youtuberとして成功を収めてから編集作業などにお金や時間を費やせばよいのです。

今を時めく有名Youtuberの動画は非常にクオリティが高いです。

しかしながら、彼ら・彼女らも最初は素人であり大した動画を上げられなかったと公表しています。

クオリティは高くなくても伝えたいことがあり、投稿動画が増えるごとにクオリティも上がる。

このような形でのYoutube配信が望ましいのです。

私もYoutbeを始める際には、最初はダメダメ、徐々に質の向上。このようなビジョンで挑戦していきたいです。

素人がYoutbeに参入して成功する為のまとめ

最後にこれからYoutebeに参入して成功する方法をまとめました。

①ニッチなジャンルでのトップランナーを目指すこと

②日常生活に関連したジャンル選定を行うこと

③動画編集は最低限にして継続した投稿を行うこと

④リアリティかつ教育的な価値のある動画を投稿すること

この3点に尽きると思います。

これからYoutebeを始める方は是非、本記事を参考に最低限の知識を身に付け、スタートをきってみて下さい。

またブログ収入に興味がある方は★コチラの記事★をご覧ください。

皆様のご活躍をお祈りして、今回は終わりとさせていただきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!