【no-va業務停止】勧誘トラブルで話題のオンラインカジノNO-VAについて解説。

  • 2021年7月4日
  • 2022年3月16日
  • 未分類
  • 1913View

NO-VA(ノーヴァ)とは?

NO-VAは、オンラインカジノに関連したアフィリエイトです。

本格的に参入するには、オーナー会員登録(入会金が20万円弱必要)となります。

入会後に新規会員を勧誘したり、某オンラインカジノゲームを宣伝して利用者を獲得するとその課金に対して一定の報酬が支払われる仕組みとなっています。

また、それとは別に某カジノゲーム自体の売上の数%が条件に応じて還元される仕組みです。

アフィリエイトと称してはいますが、実際にはマルチ商法・ネットワークビジネスとしての色合いが強く、次々に会員を増やすことで高い報酬を得る仕組みです

※このNO-VAの仕組みやマルチ商法・ネットワークビジネス自体に違法性はなく一つのビジネス形態として成立しています。

一方で、消費者庁は2021年6月にこのNO-VAの運営代表者に対して、15カ月の取引停止命令と業務禁止命令を発令したことが報じられています。

NO-VA(ノーヴァ)はなぜ業務禁止になったのか?

先ほどはNO-VAのビジネス形態に違法性はないことを説明しました。

では一体なぜ、業務停止命令となったのでしょうか?

結論から先に言うと、これは契約時にも連鎖販売業を示す書面を渡していなかったことが主たる原因でです。

この連鎖販売取引とは、個人を販売員として勧誘し、更にその個人に次の販売員の勧誘をさせ、販売組織を連鎖的に拡大して行う商品取引のことである。

このビジネス形態をとる場合には、以下情報例が記載された書面を消費者に渡さなければならないと定められている。

★例★
統括者の氏名、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名
連鎖販売業を行う者が統括者でない場合には、当該連鎖販売業を行う者の氏名、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名
商品の種類、性能、品質に関する重要な事項
商品名
商品の販売価格、引渡時期および方法そのほかの販売条件に関する重要な事項
特定利益に関する事項
特定負担の内容
契約の解除の条件そのほかの契約に関する重要な事項
割賦販売法に基づく抗弁権の接続に関する事項
法第34条に規定する禁止行為に関する事項

NO-VA(ノーヴァ)は儲かるのかについての私見

これは皆さんの一番気になるところかと思います。

結論としては一つのビジネスである為、拠点のリーダー格の方々は相応に稼いでいるという印象です。

報道においても、億単位の売上があったとされています。

実際、私の知り合いに都内NO-VAのリーダー格として活動していた方がおりましたが、累計で3000-4000万円ほどを稼いでおり、実際に儲かっているのは事実のようです。

末端の会員はグッチのコピーブランドを身に付けているとの本当か嘘か分からない噂も聞いたことがありますが、トップ層は様々なブランド品を正規店で購入しておりますし、都内のタワマンに住んでいることは私の知る限り事実です。

現在の会員数などは不明ですが、某youtuberの映像を見るとセミナーに多数の参加者がいるようでしたので、首都圏を中心に多数の会員がいるのではないかと思います。

このビジネスで優秀な成績を残した方やトップ層は、マカオなど海外に飛行機+ホテル付で招待され、パーティなどのイベントに参加することになっています。そこでは、トップ層同士が交流して推進力を増すための会議が行われているようです。

一つ感じるのはNO-VAトップ層のビジネス能力は非常に高く、海外法人を活用した節税スキームなど法人運営を未経験の一般的なサラリーマンとは会話が成立しないレベルで知識があります。

その為、Youtube配信やネット記事でNO-VAに潜入したという方々の報告は実体験に基づき信頼性が高いですが、上層部の方とビジネスの核についてオープン(対等)に話す段階に達していない印象を受けました。

※私自身は、このNO-VAビジネスと関わりはなく、肯定も否定もしない立場です。

私がWEBでの情報発信を細々としている為か、No-VAリーダー格の友人からは新規入会やセミナー勧誘を受けたことは一切ありません。

このビジネス形態は世間的にグレーな印象が強いため、私は深いかかわりを持たないように心がけています。

まとめ

今回、業務禁止命令を受けたNO-VAアフィリエイトに違法性はありませんが、その手法に不手際がありました。

一方で消費生活センターには2000件を超える相談があったなどグレーな噂も多くあるビジネスでもあります。

本国では副業を容認する企業が増え、正社員をしながらのサイドビジネスは将来の経済的不安を解決する手段の一つでもあります。

しかしながら、儲け話には罠が潜んでいることはとても多く、これはNO-VAアフィリエイトに限った話ではありません。

私の実践する不動産投資でも、過去には同じように住宅ローンを使った不動産投資、隠し法人スキーム、年収や自己資金の改ざんなど危ない事件が多発してきた業界背景とグレーな一面があります。

現在も都内のカフェなどに入れば、至る所で若者がお金の話や怪しい儲かるビジネスの話をしています。何とも言えない世の中ですが、それが現実です。

副業として私がオススメするのは自らも実践している不動産投資です。

融資を利用するために一定の属性や金融資産、失敗しないための学習は必要となりますが、中長期の資産形成に向いており、脱サラ(FIRE)に向けて安定的かつ着実に進めることができます。

不動産投資の銀行融資が受けられるかは、下記サイト「インベース」の【バウチャーサービス】から完全無料で診断できます。

【バウチャーサービス】

最後になりますが、読者の皆様が副業を始める際には、是非しっかりと勉強したうえで、違法なビジネスとは関わらないよう賢明な判断をしていきだいきたいと思います。

本日も最後までお付き合いをいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!