【銀行融資】浜松いわた信用金庫の不動産投資ローンについて解説。その融資条件とは?

浜松いわた信用金庫

浜松いわた信用金庫は静岡県浜松市中区元城町に本店のある金融機関です。

設立は昭和25年4月10日となっています。

会員数は120000人程度であり、職員数1800人以上を誇ります。

店舗数は80以上が存在しています。

営業区域は静岡県浜松市、磐田市、袋井市、湖西市、掛川市、御前崎市、菊川市、牧之原市、島田市(旧川根町を除く)、周智郡、榛原郡吉田町、愛知県豊橋市、北設楽郡(旧設楽町を除く)となっています。

経営理念として下記4項目を掲げています

お客様のために:お客様の喜びを自らの喜びとし、輝く未来を目指してともに歩んでまいります。

地域のために:新たな価値を創出し、地域の創生・活性化に貢献します。

社会的責任:公正かつ健全な経営をおこない、持続可能な社会づくりに寄与します。

役職員のために:変革と挑戦を続け、活力ある組織を目指します。

また、経営方針として下記2項目を掲げています。

カスタマーバリュー:お客さまへの価値の提供にとどまらず、広く社会課題の解決にチャレンジする。

ユニバーサルバリュー:人類共通の普遍的価値の創出。

アパートローンにも取り組みをしており、不動産投資における重要なパートナーになっていただける可能性がある金融機関です。

私は実際に浜松市内の支店に法人口座を開設しています。

そんなの浜松いわた信用金庫の融資条件について、この記事では解説していきます。

浜松市内

融資条件

必要な属性:年収など属性要件はなし。営業エリア内に居住していることが条件。

連帯保証人:不要

融資エリア:営業エリア内であること。

耐用年数:法定耐用年数が基準となる。

融資期間:最大30年。

金利:2%台後半程度になることが多い。

借入総額:個別に決定するが最初から大型物件は難しい。

自己資金:物件価格の10-20%が望ましいが、取引実績によりフルローン融資も可能。

まとめ

以上が浜松いわた信用金庫の不動産投資ローンの融資条件となります。

取引実績ができればフルローンが可能とのことですが、営業エリア内に居住していることがネックとなります。

私の資産管理法人は浜松市内にあるのですが、申込者の居住地を理由に融資取引ができない状態でいます。

しかしながら、県外居住者に対しても法人運営の実績により状況が変わる可能性もあるとのことなので定期的に訪問して様子をみていきたいと考えております。

どのような物件購入に向くのか

法定耐用年数が原則となり、大型物件は取り扱いが難しいので築20年代の小ぶりなRC1棟マンションに自己資金10%を入れて購入する形がフィットしそうです。

今回の記事はいかがだったでしょうか?

私のブログ記事は実際の面談やヒアリングなどリアルな情報を提供しておりますが、融資条件は日々変化しています。また、支店や担当者との相性なども関係してくることと思われます。

本記事の情報を参考にして、是非ご自身で銀行開拓を実践してみてください。

また、下記にご紹介するINVASE(インベース)】はいくつかの情報を入力するだけで複数の金融機関に対して借入可能額の審査打診を行ってくれるオススメしたいサービスの一つです。

私も実際に借入可能額を審査していただいたことがありますが、審査は無料なので新たに不動産投資を始めたい方は是非一度、借入可能額をチェックしてみてください。

更なるアパートローンの融資情報を知りたい方は是非★コチラの銀行融資★記事も参考にしてみて下さい。

本日も最後までお付き合いをいただきありがとうございました。

浜松市内
最新情報をチェックしよう!