【銀行融資】千葉興業銀行の不動産投資ローンについて解説。その融資条件とは?

千葉興業銀行

千葉興業銀行は千葉県千葉市美浜区に本店のある金融機関です。

設立は1952年1月18日です。営業開始は1952年3月3日です。

金融機関の規模として、職員数は1342名が在席しており、全国に74店舗を展開しています。

営業地域は本店のある千葉県のほか、東京都に支店を展開しています。

企業理念

企業理念として、「地域とともにお客さまのために『親切』の心で」を定めるとともに、地域に根ざし、地域とともに存続・発展する地域金融機関の社会的責任として、企業理念に基づく事業活動の展開により、ステークホルダーの皆さまの成長と発展に貢献することを掲げています。

広告

アパートローン (不動産投資ローン)

千葉興業銀行では不動産投資ローンにもお取り組みをしていいます。

不動産投資における重要なパートナーになっていただける可能性がある金融機関です。

私は実際に東京都内の某支店に電話をして概要をご説明いただいたことがあります。

そんな千葉興業銀行の融資条件について、解説していきます。

融資条件

必要な属性:年収や自己資金など明確な属性要件はない。

融資エリア:東京23区内(千葉よりが望ましい)、千葉県内。

耐用年数:法定耐用年数を原則とするが、新築なら木造で25年程が可能。

物件種別:主に1棟物件。新築を中心に取り組みしている。

金利:1.5~2.0%前後、審査による。取引状況により1.0%前後の融資実績もあり。

融資総額:プロパーローンなので特に制限なし

自己資金:物件評価による。70%~フルローン近くまで融資が出る場合もある。自己資金として20%程は最低でも所有していることが前提。

注意事項: 東京都在住でも利用可能であるが千葉県に隣接している地域に居住していることが望ましい。

どのような物件購入に向くのか

千葉興業銀行はプロパーではありますがアパートローンを展開しており、新築物件の購入を前提に利用可能です。金利も1%台と低いので千葉県内で新築を計画されている方は最初に相談すると良いと思います。新築物件の購入が決まってから急いで相談するよりも事前に建築計画を含めて銀行員さんと一緒に作り上げるイメージで相談してみることをお勧めします。

今回の記事はいかがだったでしょうか?

私のブログ記事は実際の面談やヒアリングなどリアルな情報を提供しておりますが、各銀行のアパートローン(不動産投資ローン)に対する融資姿勢や融資条件は日々変化しています。

また、支店や担当者との相性なども関係してくると思われます。

本記事の情報を参考にして、是非ご自身で銀行開拓を実践してみてください。

また、下記にご紹介するINVASE(インベース)】はいくつかの情報を入力するだけで複数の金融機関に対して借入可能額の審査打診を行ってくれるオススメしたいサービスの一つです。

【INVASE(インベース)の特徴】
・物件を決める前に借入可能額がわかる

・借入可能額がわかるので自分のおえるリスクがわかって堅実に投資を始められる

・忙しく、銀行周りができず借入可能額もわからない方が主な対象

・完全オンラインでご自身のご状況から借入可能額を判定できる

私も実際に借入可能額を審査していただいたことがありますが、審査は無料なので新たに不動産投資を始めたい方は是非一度、借入可能額をチェックしてみてください。

↓↓↓【INVASE(インベース)】↓↓↓

↑↑↑【誰でも借入可能額の審査がスピーディに可能】↑↑↑

更なる銀行の融資情報を知りたい方は是非★コチラの銀行融資★記事も参考にしてみて下さい。

本日も最後までお付き合いをいただきありがとうございました。

配信者情報

LOVE浜松。(Twitter:LOVE浜松)

28歳の時(2018年)に静岡県浜松市に1棟アパートを購入して不動産投資をスタート。

現在の事業規模は、アパート2棟と戸建2棟の合計4棟を運営中。

不動産投資を始めた当時の年収は500万円で自己資金は200万円。

当時の属性が乏しかったことからアパートローンの融資が受けられず、多くの銀行に電話でヒアリングし、現地に足を運んだ過去がある。

銀行開拓に苦労してきた自分だからこそ同じような境遇の方々に何か伝えられることがあると思い「LOVE浜松ブロブ」を立ち上げる。

以降、コアなブログ読者に支えられながら多くの方の悩み解決に役立つ記事を執筆中。

最新情報をチェックしよう!