【銀行融資】東日本銀行の不動産投資ローンと不動産担保ローンについて解説します。気になるその融資条件とは?

東日本銀行とは?

東日本銀行は、東京都中央区に本店がある金融機関です。東京都に53店 、茨城県に13店、栃木県1店、埼玉県5店、千葉県3店、神奈川県8店など東京都を中心に多数の支店を展開しています。茨城県発祥の金融機関であり、茨城県は東京都の次に店舗数の多い地域となっています。企業理念は、心のかよう「フェイス・トゥ・フェイス」とのことですが、実際はとうなのでしょうか。今回は自宅近くの支店に電話でヒアリングした経験をもとに解説させていただきます。

※当ブログの内容は管理人が独自に金融機関にヒアリング調査をした際の内容であり、融資を保証するものではございません。また、融資状況は支店、申込者属性、社会的背景など様々な要因で変化しますので融資条件の目安としてお役立て下さい。

不動産投資ローンの申し込み条件は?

東日本銀行の不動産投資ローンは、利用者の年収制限など自己属性による制限を設けておらず、どなたでも審査依頼が可能です。一般的な不動産投資ローンは申し込み者の年収が最低でも500万円以上など、一律の制限を設けているケースが多いため、低属性の人でも融資を受けれる可能性のある貴重な金融機関の一つと言えます。しかしながら、現在は収益不動産の融資は消極的な姿勢とのことで明確な基準はありませんが、ある程度の収入や自己資金は求められることを覚悟しておきべきだと思われます。

不動産投資ローンの融資条件は?

金利
1.5%程度で融資しているとのことです。

融資エリア
営業エリア内であれば融資可能なようですが、首都圏エリアで支店と居住地と該当物件が近い方が取り組みやすいとのことでした。

耐用年数について
法定耐用年数以内とのことです。

物件の評価方法について
評価方法についての明確な基準は教えていただけませんでしたが、何よりも物件価格の20%以上の頭金を入れることが基本であると教示いただきました。電話越しには、20%の頭金を入れることを条件とすれば前向きに取り組んでいただける印象でした。購入対象となる物件は区分マンション、1棟アパート・マンションいづれも取り組み可能との回答をいただきました。まずは、「フェイス・トゥ・フェイス」で実際に支店に相談に来てくださいとのことです。

東日本銀行の不動産投資ローンはどのような物件に使えば良いの?

使うべき人
・物件価格の30%程度の自己資金をお持ちの人
・低金利のローンで不動産投資をすすめていきたい人

購入すべき物件
・利回り9%以上を確保できる物件
・自己資金が求められるのでロットが低い物件

管理人ならこんな物件を買います
エリア:首都圏、東京23区
物件種別:1棟マンション、区分マンション
利回り:9%以上
築年数:25年以内
ここに頭金として物件価格の20%を入れて物件を購入します。
融資期間は、20年で以上で取り組むことで毎月のキャッシュフローを確保します。退居や修繕が発生した際には、毎月の貯めたキャッシュで対応します。耐用年数以内の融資で自己資金20%が必須のようですので、資金がある不動産投資家は1棟マンション、資金が少ない方は区分マンションが現実的な選択肢であると考えられます。頭金を入れて比較的長期の融資期間を設定し、低金利で融資を受けれことができれば安定感のある賃貸経営を実現できると考えられます。

尚、1.5%という金利に関して、住宅ローンと比較してしまうと高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な不動産投資ローンの金利は2%後半~3%前半であることが多いです。本日は、東日本銀行の不動産投資ローンについて解説させていただきました。

追加情報
2021年5月に訪問し、不動産投資ローンではなく不動産担保ローン「アセットバリュー」についてヒアリングの機会をいただきました。

主な対象は通常の戸建住宅となり、評価(融資可能金額)は一般的な路線価をベースとした積算評価法を用いるとのことです。抵当権が付いている場合にも元本返済が進んでいれば対応できる場合があるとのことでした。
基準金利は変動の3.275%となります。

同じ東日本を主体とする銀行の融資情報はコチラ↓↓

★きらぼし銀行の融資情報★

また、下記にご紹介するINVASE(インベース)】はいくつかの情報を入力するだけで複数の金融機関に対して借入可能額の審査打診を行ってくれるオススメしたいサービスの一つです。

私も実際に借入可能額を審査していただいたことがありますが、審査は無料なので新たに不動産投資を始めたい方は是非一度、借入可能額をチェックしてみてください。

既に不動産投資ローンを利用している方に対しても、低金利での借り換えを複数銀行へ打診可能なので併せてご検討ください。

最新情報をチェックしよう!