【銀行融資】関西みらい銀行の不動産投資ローンについて解説。その融資条件とは?

皆様、こんにちは!

LOVE浜松 (🕊Twitter:LOVE浜松) です。

東京都在住で20代の頃から地方アパート・マンションを経営しています。

現在、アパート2棟、戸建賃貸2棟、区分マンション1室を所有しています。

不動産投資による経済的自由を目標にして日々奮闘しています。

この記事をご覧の皆様の中にも、安定した資産形成や将来の目標に向けて不動産投資に取り組みたい方もいるのではないでしょうか?

一方、不動産投資を開始するためには物件購入のため数千万円の資金を用意する必要があります。

その為、私のように自己資金の限られた普通のサラリーマンの多くは銀行から融資を受けて不動産投資を開始するのが一般的です。

残念なことに、最近は不動産投資の融資に対して非常に高い給与年収を求められたり、数千万円の貯金残高を求められたりと非常に厳しい状況が続いています。

そんな状況だからこそ、多くの金融機関の情報を仕入れることで自身でも融資の土台にのる銀行を続々と開拓をしていきたいですよね!

ということで、今回はブログ読者の皆様に【関西みらい銀行】の融資情報を共有させていただきます。

尚、このLOVE浜松ブログでは★銀行融資の情報★を中心に不動産投資やインターネットビジネスについての記事をアップデートしています。

この機会に是非ブックマークしてお時間のある時に遊びにきてくださいね!

それでは本題の融資情報について解説していきます!!

関西みらい銀行

関西みらい銀行は大阪市中央区備後町に本店のある金融機関です。

設立は1950年11月24日です。

2021年3月末時点で、267店舗があり、職員3969人が在職しています。

2019年に株式会社関西アーバン銀行と株式会社近畿大阪銀行が合併し、株式会社関西みらい銀行となりました。

支店の所在地
大阪府:179店舗
滋賀県:53店舗
兵庫県:17店舗
京都府:9店舗
奈良県:4店舗
和歌山県:2店舗
愛知県:2店舗
東京都:1店舗

経営理念

関西の未来とともに歩む金融グループとして、以下を掲げています。

・お客さまとともに成長します。
・地域の豊かな未来を創造します。
・変革に挑戦し進化し続けます。

また、関西みらい銀行は不動産投資ローン(アパートローン)にお取り組みをしています。

関西地方での不動産投資における重要なパートナーになっていただける可能性がある金融機関の一つです。

私は関東、東海エリアを中心に物件を所有していますが、今後は関西地方での不動産投資も視野に入れており、リアルタイムに情報収集をしています。

今回の記事では、そんな関西みらい銀行の不動産投資ローン(アパートローン)について、独自調査した融資条件を解説していきます。

画像は大阪府で銀行巡りをしたときにホテルから撮影!

融資条件

融資種別:パッケージ型ローン。

必要な属性:営業区域内に居住、勤務または事業をしている個人と法人。法人の場合は家賃収入以外の収入がないこと。

融資エリア:営業地域内だが大阪市内が望ましい。

耐用年数:原則として耐用年数以内

融資年数:最大で30年以内

物件種別:問わず。

金利:変動金利と固定金利が選択可能。団体信用生命に加入する場合は0.3%以上の上乗せがある。融資金利は1~3%と幅広い。

融資金額:最大で5億円以内。

自己資金:自己資金として20~30%ほどの投入が目安となる。

返済方法:元利均等返済

その他:以前よりも融資には消極的。アパート経営の実績がある人を中心に融資に取り組むスタンス。1億円くらいの物件での利用が想定されている。

どのような物件購入に向くのか

関西みらい銀行は不動産投資ローンを展開しており、新築物件・中古物件を問わず利用可能です。

アパート経営の実績のある個人・法人への融資を筆頭に比較的大きな案件にも融資をしているようです。

以下のような物件購入を持ち込み打診すると良いでしょう。

具体的な事例

エリア:大阪府大阪市内

種別:1棟マンション

構造:RC造

築年数:20年代

価格:8000万円前後

想定利回り:9 %

このような物件に対して頭金として1600万円を出すことを前提に融資打診をします。

すなわち、残代金である6400万円の融資を希望するような形です。

中古物件となりますので残耐用数以内の20~30年での融資を希望します。

※現在は投資用物件の相場が高いので上記の見つけるのが少し難しいかもしれませんが、該当する物件が出た際に即座に購入できるよう用意をすることが大切です。

購入時の月収益シミュレーション

家賃収入: 8000万円×9% = 720万円/年→ 約60万円

銀行返済: 6400万円を金利2%の25年で試算→ 約27万円

運営費: 管理修繕費・固定資産税等で満室時25%試算→ 約15万円

運営益: 60万円-27万円-15万円 = 18万円/月が見込まれます。

まとめ

今回は関西みらい銀行の不動産投資ローン (アパートローン) について解説しました。

※本記事は実際に銀行訪問した経験などで得たリアルな情報を提供しております。

しかしながら、各銀行の融資姿勢は日々変化しています。

また支店や担当者ごとに不動産投資への理解やスタンスも異なるのが現状です。

この記事を参考に、是非一度ご自身で銀行開拓を実践してみてください。

一方、銀行の営業時間は平日の日中が中心です。

私のようなサラリーマンの多くが平日はお仕事で忙しいのが現状ではないでしょうか?

そんな方に是非オススメなのが空き時間にいくつかの情報を入力するだけで複数の金融機関に借入可能額の審査を行ってくれるINVASE (インベース) のバウチャーサービスです。

【インベースの特徴】
・物件の購入前に具体的な借入可能額がわかる
・借入可能額から負えるリスクがわかり堅実に投資を開始できる
・忙しくて銀行周りが出来ないサラリーマンを主な対象にしている
・完全オンラインでご自身の状況から借入可能額を判定できる

私も実際に借入可能額を審査していただいたきました。

年収の10倍ほどが目安となるようでご覧のような結果となりました。

バウチャー内であれば自由に物件購入できると思うとワクワクしますよね!

オンライン審査は完全無料なので、これから不動産投資を始めてみたい方は是非一度、下記の申し込みフォームから借入可能額を判定してみてください。

↓↓↓ 【インベース】のお申込みはコチラから ↓↓↓

↑↑↑ 【インベース】のお申込みはコチラから ↑↑↑

また、不動産投資の勉強をしながら資金を貯めたい人に朗報です!

現在、大手不動産会社のRENOSY (リノシ―) は、不動産投資セミナーに参加するだけで高額なアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを期間限定で実施しています。

不動産投資を学びながら自己資金作りもできるセミナーを是非ご一緒に受けてみませんか?

↓↓↓ 【RENOSY不動産投資セミナー】のお申込みはコチラから ↓↓↓

↑↑↑ 【RENOSY不動産投資セミナー】のお申込みはコチラから ↑↑↑

この記事が融資情報をお探しの方に少しでも役立てば幸いです。

本日も最後までお付き合いをいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!